久しぶりに万年筆を使ってみたらいい感じでした

昔から文房具が大好きです。小学生の時から、シャープペンや消しゴム、赤ペンなどを色々と選んで買うようになり、社会人になってからは手帳にハマり、必要ないのに1年に2〜3冊は購入しています。

4年ほど前には万年筆にハマり(と言ってもLAMYの一番安い万年筆を1本買っただけですが…)、しばらく使ってたのですが、いつの頃からか万年筆は引き出しの奥に追いやられ、その存在すら忘れていました。

しかし、年末の大掃除で机の奥から万年筆を発見し、当時購入していた替芯も残っていたので、改めて作ってみることにしました。すると、思いのほかいい感じだったので紹介します。

まず、私の使っている万年筆はこちら。

偉そうに万年筆を語るのが恥ずかしいくらい安物ですが、書き心地は通常の油性ボールペンとは比べるまでもありません。この値段だからこそガンガン使えるというメリットもあります。

そして、今回久しぶりに使ってみて感じた良さが、ペン先の表と裏を使った書きわけです。書きわけることで万年筆をメインのペンとして使用できると思うほど、用途が広がります。

太い線で書きたいときはペン先を表にして書く。
IMG_3641
細い線で書きたいときはペン先を裏にして書く。
IMG_3640
すると、1本のペンでありながら太い線と細い線を書きわける事ができるのです。私は通常は表で書きますが、手帳の中で細かい字が必要な時はペン先を裏にして使っています。
IMG_3644
万年筆はインクの入れ替え(僕の使っている商品を芯を交換するタイプです)があったり、ペン先が乾くとしばらく使えなかったり、使いやすさだけを追求すると機能的な商品とは言えません。しかし、万年筆を文字を綴る瞬間はなんとも言えず、贅沢な時間でもあります。

reba.com” rel=”nofollow” target=”_blank”>カエレバ