トリッピースが提供するイノベーティブな旅行体験

今日のガイアの夜明けは、お一人様特集。
トリッピースという旅行会社がとりあげられていました。

価値観の多様化にマッチしたビジネスモデル

個人の価値観の多様化した今、大手旅行代理店が企画するサービスに感動を見いだせない人が大勢いることでしょう。
内容もそうですし、大手代理店の企画という時点で“その他大勢”に分類されてしまうということもあるでしょう。

トリッピーズが提供するサービスは、WEB上で自分が行きたい旅を提案してその数が一定の数に達すると、トリッピーズがHISなどの旅行代理店に依頼して実際に旅行を催行するというものです。

そして、それを実現させているのがFACEBOOKやTwiiterやGoogle+といったSNS。
自分が行きたいと思った場所がどんなにマニアックでも日本中には同じ思いの人が何十人かいるものです。それをSNSを通じて世の中に発信して実現させていく。それにより、今までにない旅の経験をユーザーに提供することができている本当に素晴らしいサービスだと思いました。

こんなサービスを考えられる人はすごいなと思っていたら、社長の石田言行さんはなんと24才。いやはやビックリしました。こういうイノベーティブなサービスを考えて、そして実行できる若い人は本当にすごいなと関心します。

また、時間があるときにトリッピースについては、いろいろと調べてみたいと思います。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です