【熱望】国立電子図書館ができたらいいな!


先日、こんなエントリーを読みました。

図書館なんていらないよね。国立電子図書館を作ればいいじゃん。 | 怪盗ぶらり団

この中で語られているのは、行政が図書館を運営するためのコストを概算して、いかに無駄を抱えているかを計算。このコストで世の中の出版物の権利を購入して、国立電子書籍図書館を作れば無駄な紙は必要ないし、世界中どこにいても本を借りることができるよね、という話。でも本当にそうなったら、失業者が増えちゃうけどいずれそういう時代もくるんじゃないか?というようなことが書いてあります。

この国立電子図書館の発想はすごく合理的で感心しました。おそらくこれからインターネットを介して仕事をする人が増えていけば、場所に縛られずに生活をおくる人も増えてくるでしょう。
プロブロガーのイケダハヤト氏の高知へ移住は大きな話題を集めました。イケダハヤト氏もブログ内で度々かたっていますが、クリエイターは受ける刺激でアウトプットが変わってきますし、PCでデータのやりとりができる現代では、よほどのことがない限り東京に住んでいないといけない道理はありません。

このようなライフスタイルが定着してくると、間違いなく電子図書館の需要は高まってくるはずです。と思ったら、実際に電子図書館自体はすでにスタートしているようですね。

徳島)電子図書、普及するか 徳島市立図書館、開始2年:朝日新聞デジタル

スポンサードリンク

電子図書館で唯一利益を得ない出版社への保証が鍵

この記事を見る限り、権利切れした書籍中心で数百冊という品揃えのようです。電子書籍を一般むけに販売する場合は、契約をする出版社と販売会社の契約は利害関係が一致しますが(売れれば儲かる)、それを電子書籍として電子図書館で貸し出すというのは、契約をする出版社と電子図書館の利害関係は一致しません。電子図書館はより多くの人に利用してもらうことが目的ですが、電子図書館の目的が達成されればされるほど、出版社は機会損失をしたことになります。それを考えると、図書館が電子書籍化する権利は、出版社の利益を保証するくらい高額でないといけません。となると電子図書館は、地方自治体が各々で運営するのではなく、国が運営する電子図書館が一括して権利を買い上げるのが良い方法となりそうです。

さまざまなハードルがありますが、ぼくらが得ることができるメリットで考えると、電子図書館というのは間違いなく浸透するはずです。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です