《MacBookAir》USキーボードで買ったら最初にすべき設定


MacBookAir11インチを購入したのが2013年の8月末。
愛おしいこの名機との付き合いもそろそろ10ヶ月になろうとしています。
ぼくのMBAはオフィシャルストアで購入して、いろいろとカスタマイズをしました。
スペックは以下の通り。

skitch

これでもかっていうくらいスペックを上げているおかげで、非常に快適に動いております。
その分値段は倍くらいになってますけど…

唯一、購入した直後に失敗したと思ったのが、キーボードをUSキーボードにしたこと。
USキーボードの方がカッコいい、ただそれだけの理由で注文したのですが、Enterキーが小さいとめちゃくちゃ打ちにくいし、英語、かなの変換にキーを2つ同時に押さないといけないし、とにかく使いにくくて、本気で返品しようかと思ったくらいです。

でも慣れればなんとかなるもんで、今ではこれ以外のキーボードだと逆に打ちにくいと感じてしまいます。
Enterキーが小さいのは1週間もすれば慣れました。

スポンサードリンク

KeyRemap4MacBookで英語とかなが簡単にきりかえられる

そして、USキーボードでMacを購入した方にぜひ読んでほしいのが@Ushigyuさんのこちらの投稿。

JISとUSキーボードの違いと、乗り換える際に最低限やっておくべき2つの設定

この投稿を読むまで英語とかなの切り替えをShiftキー+Spaceキーで行っていたのですが、KeyRemap4MacBookを導入して、左右のCommandキーに英語/かなの切り替えを割り振ってから劇的にタイピングがしやすくなりました。

余談ですが、この投稿の中ではCaps LockキーをControlキーに変更していますが、ぼくはCommandキーが押しにくいので、Caps LockキーにCommandキーを割り当てています。この辺は、自分の指の動きなどに合わせて、キーを自由に入れ替えると良いと思います。

何かわからないけどUSキーボードがカッコいい!使い勝手とか気にせずにUSキーボードにしたい!とお考えのミーハーMacユーザーの皆さま、この設定さえすればそれほど不便なことはないので、ぜひUSキーボードのカッコいいMacにしましょう!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です